酸素発生器の開発履歴

Apr 20, 2018

世界で最初に酸素製造機を生産する国は、ドイツとフランスでした。

1901年、ドイツのリンデン会社は、ミュンヘンに低温装置製造工場を設立し、1903年に最初の10m3 / hの酸素発生装置を製造しました。

1902年、フランスはパリに空気液化会社を設立しました。 ドイツの後、1910年に酸素製造機を生産し始めました。

1930年代までは、ドイツとフランスだけが酸素製造機を生産することができました。 その時、酸素装置は主に溶接を行い、窒素を作るために必要な酸素と化学装置を切断した。 酸素発生器の生産は主に中小であり、その容量は2m3 / h〜600m3 / hで約200種類である。 酸素発生器のプロセスは、高圧および中圧の流れである。

1930年から1950年にかけて、ドイツとフランスに加えて、ソビエト連合、日本、米国、英国なども酸素製造機の生産を開始した。 この期間中、生産の発展に伴い、大型酸素発生装置の開発を促進している酸素機械の使用が拡大している。 電気に必要な生産酸素1m3当たりの大型酸素発生器のために、金属材料は媒体の底よりも小さく、1930年から1950年にかけて小さく、西ドイツ5000m3 / h、ソビエト連合の3600 m3 / h、日本3000 m3 / hおよび他の大型設備。 その時に使用されたプロセスは、高圧力と中圧力を除いて、高低圧プロセスを採用し始めました。 大型の酸素機械は安価な酸素を作ることができるので、冶金および合成アンモニア産業で使用することができます。 1932年、ドイツは最初に冶金と合成アンモニア産業に酸素機を使用しました。

1950年以降、中国、チェコ共和国、東ドイツ、ハンガリー、イタリアなど(上記の国々で酸素製造機を除いて、中国は遅く開発され、それらはすべて極低温法である)。

鉄鋼業、窒素肥料産業、ロケット技術の発達により、酸素と窒素の消費が急速に増加し、酸素発生器が開発された。 1957年以来、10000m3 / hの酸素発生器が逐次導入されている。 1967年以来、不完全な統計によると、20000m3 / h以上の大型酸素製造機が87台まで連続して現れ、最大の単位は50000m3 / hであり、より大きなユニットが開発されている。

過去20年にわたり、製品の品種は急速に増加し、徐々にシドニーlinde社の大規模な酸素発生器の典型的な製品である1000〜40000m3 / hのような一連の製品を形成した。 日本の神鋼にはシリーズがあります。 日本の日立はすべてのTO型を作ります。 日本の酸素会社はNRタイプです。 英国には50〜1500トン/日のシリーズ製品があります。 同時に、大きな酸素発生器は基本的に低圧プロセス全体を採用する。

言い換えれば、酸素発生器の開発は不完全なプロセスであり、装置は中小規模の開発である。 プロセスは、高電圧(200)、大気圧、中圧(50気圧)、低圧(大気圧)方向への高電圧と低電圧で構成されているため、酸素発生装置の消費電力、金属材料の消費量は常にサービスサイクルを短縮します。