窒素製造機における液体酸素ポンプの燃焼および爆発防止対策

Jan 07, 2018

まず、窒素製造機の製造構造を確保し、モーターとポンプ軸を可能な限り遠ざけ、スパークを防ぐために非鉄金属で部品をシールする。

図1に示すように、液体酸素ポンプの冷却が開始される前に、吹き出し弁を開く必要がある。 まず、ラビリンスシールを使用して常温と窒素で10〜20分吹き飛ばします。 一方で、酸素は追い出され、シールは通常の温度ギャップに回復する。

ポンプの入口圧力の安定性、圧力変動や出口圧力が上昇しないかどうかに注意を払う、キャビテーション現象につながる可能性があります、液体酸素に冷却する上部ポンプ排気弁を開く必要がありますポンプは、圧力が安定している傾向があり、その後、高圧シールする前よりもシールガス圧力を制御する。01005 0101MPa; 3、シールガスに最初に通過し、窒素のマシンは、適切な圧力に調整し、ポンプバルブの入口と出口を開き、ポンプの冷却に液体を入れて、シールガス圧力は入口圧力よりも高くなければならない0105MPa。

窒素装置正常運転とメンテナンス:1、液体酸素ポンプの動作を2Hで1回点検する; 2、1時間窒素製造機の入口と出口の圧力とシーリングガスの圧力をチェックし、流れが正常であるかどうか、1H毎にガス漏れがあるかどうかを確認します。 ポンプ側の軸受温度とモータ温度と同様に、軸受温度は-25℃~70℃に制御する必要があります。 図3に示すように、液体酸素ポンプの作動中は入口弁を閉じてはならず、封止ガスを中断してはならず、いつでも調整する必要がある。