窒素製造機の運転方法

Dec 13, 2017

1.開口部

1.1。 冷たい乾燥機の電源を切り、3〜5分間予冷してください。

1.2。 空気圧縮機が開かれ、圧縮空気が冷たい乾燥機で処理され、空気タンク内に濾過され、圧力計は徐々に増加することを示す。

1.3の空気圧タンクは、 を0.6MPaまで上げ、制御盤の電源スイッチを入れて圧力スイング吸着窒素製造機を起動し、通常の運転状態にします。

窒素貯蔵タンクの圧力が0.6MPaに達したら、ゆっくりと1.4を回します。 オープンエアバルブ。 次に、流量計フロートの上昇を調べ、ユーザーの需要フローの窒素流量を調整します。

1.5。 400ミリリットル/分のための流量調節、窒素の窒素含有量の目標デバイスの調査分析、サンプルの流れに注意を払うことは、できるだけ小さく、圧力が0.1-0.2、30分後には大きくない一般的に、安定した状態で、コンディショニング窒素出口流量調節弁、コンディショニングの窒素純度。

1.6のとき。 システムが作動し、窒素システムの切り替え(圧力計の表示および操作プロセスの動作表示に従って変更可能)に注意してください。

シャットダウン

2.1の通常の駐車プロセス。 装置

A)閉鎖型窒素装置の電源スイッチ。

B)閉じた窒素供給弁、他の弁を閉じる必要はない。 バルブが長時間必要でない場合は、バルブが閉じられます。

C)閉じたコールドドライヤーの電源スイッチ。

D)閉空間圧縮機(他の機器用の空気圧縮機などの電源を切る必要はない)の電源。

E)を窒素製造機の圧縮空気弁に閉じ込める。

F)システムの電源を切っておく必要がない場合は、長い時間

2.2。 緊急駐車処理

A)閉鎖型窒素装置の電源スイッチ。

B)閉鎖型流量計ダウンフローバルブ。

C)空気圧縮機と冷たい乾燥機の電源スイッチを閉じます。 窒素ガス供給バルブを閉じます。 窒素製造機に入る圧縮空気バルブを閉じます。 空気を開き、窒素バッファタンクの排水バルブを空にします。

3.操作の注意:

ガス圧とガス消費量によると、3.1。 流量計の後に流量計と窒素生成弁の前に圧力調整弁を調整することができ、装置の正常な動作を確保するために流量を自由に調整しないでください。

3.2。 空気取り入れバルブと窒素ガス発生バルブは、最高の純度を保証するには大きすぎてはいけません。

3.3。 デバッガは純度の影響を避けるために自由に回転しないように良好なバルブを調整します。

3.4。 キャビネット内の電気部品を任意に移動させたり、任意に空気圧のパイプバルブを使用したり、

3.5。 オペレータは、圧力計を調査機に保持し、機器の分析のための圧力変化を毎日記録する必要があります。

3.6。 出口圧力、流量計表示、窒素純度を定期的に調べます。 パフォーマンスページの値と比較すると、問題が時間内に解決されることがわかります。

3.7。 毎日の操作記録を完成させる。



浙江Yuanda空気分離装置有限会社。

追加:Gaoqiao工業区、杭州、浙江省、中国311402

Eメール: sales@ydget.com

お問い合わせ:Jane Qian + 86-13588376592

Tel:+ 86-571-61712588

ファックス:+ 86-571-61712599